About us

スタッフ紹介はこちら >>>

黒松内町の紹介

寿都位置北海道・黒松内町は道南・渡島半島の付け根に位置し、人口3,000人の酪農と畑作を中心にした農村地帯です。国の天然記念物である北限のブナの森「歌才(うたさい)ブナ林」を代表に、渓流釣りや鮎釣りが盛んな朱太(しゅぶと)川、太平洋と日本海が望める黒松内岳、ニセコや狩場山といった北海道を代表する山岳地帯も近くにある、豊かな自然に囲まれた地域です。 また隣町・寿都や長万部には、日本海や大平洋が広がり、海での体験活動にも事欠きません。

黒松内ぶなの森自然学校の紹介

校舎全景

 

ぶなの森自然学校は、常勤・非常勤のスタッフ・たくさんのボランティアや研修スタッフによって支えられています。 自然学校の運営は任意の民間団体である「黒松内ぶなの森自然学校運営協議会」が行っています。本協議会は、町内外の関連団体や環境教育実践している方々で組織されており、非常勤会員として15名の運営協議委員が所属、常勤職員・研修生5名を配置して活動しています。 研修生は職員の指導を受けながら、半年から1年間に自然体験型環境学習プログラムの企画・実施、地域活動、自然学校の運営研修を行っています。黒松内から全道・全国へ、たくさんのインタープリターや自然体験型プログラムの指導者、地域づくりを担う人材育成を行っており、研修終了後もネットワークでつながり、卒業生は多方面で活躍しています。 

 

誕生の経緯

黒松内町は、昭和63(1988)年度に策定された「ブナ北限の里づくり構想」にもとづき、国の天然記念物にも指定されている「歌才ブナ林」をシンボルに環境と人にやさしいまちづくりを進めてきました。リゾート開発が盛んだった時期に大型資本を導入せずに、町にある地域素材(自然、人、第一次産業)をうまくソフト化し、来町者を呼び込んだことに特徴があります。

北限のブナを核にした「まちづくり」において、中心のひとつが町営のビジターセンターの「黒松内町ブナセンター」です。主に、北限のブナ林を取り巻く自然環境や郷土文化を資源にした自然体験型環境学習の開発実施に特に力を入れてきました。

その継続的な実績と、(社)日本環境教育フォーラムや北海道自然体験学校NEOS(現NPO法人ねおす)とのネットワークを背景に、環境庁(当時)・自治省が進める自然体験型環境学習拠点(ふるさと自然塾)事業が平成11年度より行われることになりました。それにもとづき、黒松内町における環境学習の質・量ともにさらなる発展をめざし、平成10(1998)年11月「黒松内ぶなの森自然学校」が誕生したのです。
(活動開始は平成11(1999)年4月より)

 

スタッフ(2016年度現在)

黒松内ぶなの森自然学校運営委員長

高木 晴光 (たかぎ はるみつ)
キャンプネーム:JETT、たかぎぃ

たかぎさん千葉県船橋市生れ。
北海道大学農学部農業工学科卒業。 
貿易商社に勤務。外為・デリバリー(発注・輸送・通関部門)を担当後、輸入部門にて、主に北欧より建具、家具、生活関連資材の商品開拓を担当。輸入業の関係からレジャー産業に関わりを持ち始め、80年代後半は、大型健康施設やリゾート施設の企画開発やスポーツクラブの運営も行った。この頃より、健康・社会教育事業に大きな興味を抱くようになり、徐々にハード(施設開発)からソフト(プログラム開発)を手がけるようになった。2001年に黒松内町に移住し、黒松内ぶなの森自然学校の代表を務めながら、各種、自然体験型プログラムの提供を中心に、「自然と人、人と人、社会と自然」をテーマに地域づくりやコミュニケーショントレーニング、各地の地域づくりのアドバイサーも行っている。
 

1980 - 1988 ・札幌オーバーシーズコンサルタント (貿易業)
1988 - 1991 ・丸増グループ (観光、不動産開発)
1991 - 1997 ・社会教育総合研究所(専門学校形態の社会教育事業)
1992.4    ・同所の関連事業として北海道自然体験学校NEOSを設立
1997.7    ・北海道自然体験学校NEOSを独立
1999.4    ・特定非営利活動法人ねおすを法人登記 (同理事長)
2016.3    ・特定非営利活動法人ねおすを解散分派 
2016.4~   ・特定非営利活動法人くろす野外計画社を登記 (同理事長)

運営副委員長 三木昇
運営委員

中村 斎、柴田真年、茂尾 実、牛尾広之、五位尾肇、小坂錦一郎、斎藤和博、佐々木輝夫、鈴木昭文、中野克也、成田志津代、江川正幸、 安原政志、小林文男

監事

畑井信男、田島俊一

スタッフ
マネージメント・キッチンまりこ

高木 真理子(たかぎ まりこ)
キャンプネーム:まりこさん 

おいしくて栄養満点のご飯を提供してくれる、笑顔が素敵なキッチンまりこのオーナー。 アメとパンチを絶妙な加減で使い分ける、皆のお母さんです。 お行儀に厳しいのは、皆が楽しくおいしく食べるため。 大きな声での「いただきます」と「ごちそうさま」が大好きです。

ディレクター

大類 幸子 (おおるい さちこ)
キャンプネーム:ちこ 

ちこ 黒松内生活4年目に突入。大学時に留学先の中米コスタリカで自然に魅了され、卒業後に緑あふれる黒松内行きを決意。自然の恵みを優しく取り入れた暮らし方に興味あり。主なエネルギー源はカレーとおいしいもの全般。黄色をみると元気が出ます。横浜市青葉区出身。
担当(一部):イエティくらぶ・森のようちえん・国際受入・英語ガイド

ディレクター

巽 創 (たつみ そう)
キャンプネーム:MJたつみ 

たつみ もじゃもじゃの頭がトレードマーク。夏や冬の長期村、町の放課後活動との提携などが担当です。ぶな森のHP管理もやっています。
学生時に教育と自然の両方に興味を持ち「自然学校」へ。現在4年目になりました。理科・宇宙・科学技術・海遊び・釣り・料理などが好きです。今年から新米ハンターとして修行中!

スタッフ

熊手 若葉 (くまで わかば) 
キャンプネーム:くま 

くまで 子どもの頃に自然学校のキャンプに参加したのがきっかけで、自然あそびやアウトドアの楽しさを知り、今度は自分が自然の魅力を伝える側にと黒松内へ。特に海や川での水遊びが楽しみ。生きものを観察するのも好きです。黒松内2年目、横浜出身。
担当:地域支援活動、宿泊体験学習

アドバイザー

星山 和廣 (ほしやま かずひろ)
キャンプネーム:ホッシー

あるときはキャンプマスター、あるときは料理長、そしてまたあるときは大工の棟梁。 キャンプ・暮らしの知恵と知識をたくさんもっています。 アイドル犬のペロもホッシーにはメロメロ。 ときには厳しく、ときにはギャグをとばす、頼りになる自然学校の達人です。

国際協力スタッフ

呉 立涵 (ウー リーハン) 
キャンプネーム:リーハン 

2017年にぶな森から退職しましたが、日本と台湾、黒松内と世界をつなぐ役割として活動を始めています。黒松内や寿都で、お客さんとツアーしている所に会えるかも? 夏の長期村にも登場します。

 

 

 

goto HOME GoToTop